インプラントでオールセラミック

インプラント治療では、オールセラミックの歯を取り付けることが可能になっています。全部の素材がセラミック素材になっているため、ほかのものとは違い、美しい仕上がりが期待できます。光をある程度透過させることができる素材になっているため、透明感のある葉に仕上げることができ、見た目が非常に美しいです。インプラント治療でのオールセラミックのメリットには、強度が強いことです。しっかりとモノを噛むことができるため、長く使うことができます。時間が経過しても色が変色しにくいことも特徴になっていて、美しさを保ちやすいです。

審美に優れたオールセラミック

前歯を治療するときには、奥歯に比べて、見栄えを良くする必要があります。たとえば、差し歯にする場合、オールセラミックにすることで一切金属を使わないで治療することができます。オールセラミックは見栄えが良いだけではなく、金属アレルギーや歯茎の黒ずみを予防するというめりっともあります。また、歯が抜けてしまった場合は部分入れ歯よりもインプラントがおすすめです。見栄えは勿論のこと、入れ歯に比べると違和感がなく食べ物を噛むことが可能です。インプラントの費用は、歯科医院によって異なるのでよく確かめる必要があります。

↑PAGE TOP

Copyright © インプラントの違いについて All rights reserved