インプラントのデメリット

インプラントのデメリットは、歯茎を開く外科手術になり、手術の期間も、骨の再生を待たなければいけないことや、一度ではすべての治療を終えることが出来ないため長くなってしまい、健康保険が適用されないため、費用も掛かってしまうというデメリットがあります。しかし、インプラントはデメリットよりも大きなメリットがあります。まず、耐久性に優れており、定着率も高く、他の歯に負担を掛けないこと、自分の歯と変わりない噛み心地などがあり、費用も医療費控除により一部戻ってくるということもあります。

インプラント治療のメリット

インプラントとは、自分の失ってしまった歯の部分に人工の歯根を埋め込む治療法のことで、最大のメリットは噛む力が本来のものに近づき、自分の歯のように使えるということです。違和感を感じることなく食材を噛むことができるため、インプラント治療をすることで今まで以上に食事を楽しむことが出来ます。治療も周りの歯を傷つけずに行なうことができるため天然の歯の寿命を延ばすことができ、見た目も美しくなるため自身をもって人前で笑顔になれるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントの違いについて All rights reserved