インプラント治療のセラミックス

インプラント治療で取り付けることができる歯は、さまざまなタイプのものを選択することができます。オールセラミックスやハイブリッドセラミックス、メタルボンド、ジルコニアなどのさまざまなものがあり、それぞれの素材にメリットがあるため、しっかりと比較して選択していくことが重要になっています。インプラント治療は、最新の素材が多数開発され続けています。品質と機能性がさらに高いものも登場し続けているため、治療を行う前に、たくさんの情報を見比べていくことが大切になっていて、インターネットなどで情報を得ることが成功のカギになっています。

オールセラミックとの違いとは

審美的な目的で歯を治療する方法としてインプラントとオールセラミックがあります。これらは審美的な目的とその原因によって決めるといいです。例えばむし歯や歯周病などで歯全体を失ってしまったような場合があります。また欠けてしまった、途中から折れてしまったというような場合です。もちろんオールセラミックのほうが比較的簡単に治療を行うことができるということになります。インプラントはその治療方法から長いあいだ使い続けたいというような場合に有効な方法です。これは第二の永久歯と言われるようにきちんとメンテナンスすることで長く使い続けられます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントの違いについて All rights reserved