オールセラミックとメタルボンド

インプラント治療の人工歯の部分には、素材によって幾つかの種類があります。オールセラミックは金属が使用されていないので透明感が高く、歯の色調を自由に選択できます。周りの歯の色に合わせたり、少し白くしたりと、審美的な面でも優れています。メタルボンドは表面にセラミックを焼き付けた金属の被せもので、オールセラミックと比較すると透明感は劣りますが、強度があり、変色の心配もほとんどありません。インプラントで使用する人工歯の選び方は、治療の目的や経済状況によって違いが出てくるので、歯科医師と良く相談した方が良いでしょう。

オールセラミックは自然さが魅力

オールセラミックはより自然に近い歯を手に入れられるのが魅力の治療法です。同じ人工物を用いる治療法でも、人工歯根を埋め込んで人工歯を固定するインプラントとは違って歯の上にセラミッククラウンと呼ばれる被せものをします。オールセラミックは生来の歯根をそのまま使うので、インプラントのように金属の歯根を埋め込む必要がありません。また、患者ひとりひとりの口腔環境や天然歯の様子に合わせて色味や形を調整できるので、一般的に歯茎が薄く人工歯根を埋め込む難易度が高いとされ、普段から人目に触れやすい前歯を治療する際にも適しています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントの違いについて All rights reserved