前歯などのインプラント治療

インプラントで取り付けることが可能な歯は、保険適応の治療のものとは違って、自然の歯の色に近いものを取り付けることが可能です。保険適応の治療では、あくまでも歯の機能性を回復させることが目的の治療であるため、審美性にこだわることが、あまりできませんが、保険適応外の治療のインプラントでは、オールセラミックなどの透明感がある歯にすることができます。オールセラミック以外にも、さまざまな素材のものを選択することが可能であり、審美性と機能性を考えて、最良の治療ができます。特に前歯の治療の場合は、他の人に見られやすい場所の歯であるため、良いものにこだわる人が多くなっています。

オールセラミックのインプラント

インプラント治療をする際に埋め込んでもらうことができる人工的な歯は、オールセラミックにすることが可能になっています。セラミック素材は、天然の歯と同じような色をしている美しいものであり、かなりきれいに見える歯に仕上げられるため、人気が高くなっています。インプラント治療は、オールセラミック以外にも、ハイブリッドセラミックなどの多数の素材を選ぶことが可能になっていて、治療の選択肢が広くなっています。素材によって、それぞれのメリットがあるため、しっかりと吟味して選ぶことが重要になっていて、シミュレーションをする必要があります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントの違いについて All rights reserved