インプラントってなに

歯科インプラントとは、失った歯の部分にチタンでできたインプラント(人工歯根)を埋め込み、歯本来の見た目や機能を取り戻す治療方法のことです。失った部分の歯を治療するため、その部位周囲に負担をかける心配はありません。今まであった自分の歯と同じような役割を果たすため、噛む力を分散させるとともに、残っている歯を守る効果もあります。この治療方法はほかの歯科治療と比較して診察やカウンセリングに時間がかかります。

入れ歯と比較したインプラント

型を取って仮の歯を歯茎にかぶせるのが入れ歯です。一方インプラントは骨に直接器具を埋め込み、その上に歯をつけるという手法をとります。最初の治療は大掛かりになりますが、長く使えるメリットがあります。また、噛み心地が自分の歯に近く、少しの時間で慣れるので違和感がありません。入れ歯のように隙間から硬いものが入って痛い思いをすることがないのも、インプラントの持つメリットと言えます。見た目の変化も少なく、これと言ったメンテナンスも必要ないので楽というのも大きな利点です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントの違いについて All rights reserved