インプラント治療のついて

インプラント治療は、顎骨に金属製のネジ式の支柱さして、その上に人口の被せを付ける歯科治療です。実際の歯の構造と似ているので、入れ歯の欠点であった入れ歯と歯茎の間に食べかすが溜まる事や、歯のぐらつきが起こり難いです。そのため使用感も本来の自分の歯に近くて、食事を美味しく食べる事が出来るのも特徴です。さらに、インプラントで使われている被せは、隣接する歯の見た目と同じセラミックで作れるので、審美性も高い事も特徴です。

インプラントの魅力とは

インプラントの最大の魅力は限りなく天然の歯に近い噛み心地です。直接顎の骨に埋め込みますので自分の歯に近い感覚で噛むことができます。またブリッジや入れ歯と比較すると見た目も自然で発音もしやすくなります。他の歯を削る必要がないので残りの歯の寿命を延ばすこともでき、さらに噛んだ時に残っている歯にかかる力の負担を小さくします。形状も天然の歯と変わらないので入れ歯等に比べて口内の掃除がしやすいことも魅力的です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントの違いについて All rights reserved